ホーム マイアカウント お問い合わせ

【湯梨浜町・東郷温泉の紹介】


湯梨浜(ゆりはま)の自然紹介


湯梨浜町中心には、鳥取県では2番目に大きな東郷湖があります。 「鶴の湖」の愛称で親しまれる東郷湖は、県立自然公園の一部をなす海水を含んだ汽水湖。山陰八景の一つに数えられています。また、中国河北省との友好の証として建設された、日本最大の中国式庭園、燕趙園(えんちょうえん)があります。



東郷温泉
その東郷湖のほとりには明治初頭に温泉が確認され、松崎駅前に形成された旅館街は昭和30年代から50年代にかけて最も栄えました。 無色透明、無臭の含石膏食塩泉は、神経痛や皮膚病、婦人病などに効能が高く、東郷湖を眺めながらしっとりお湯に浸かれば、優雅な旅情もいっそうかき立てられます。

自然の宝庫 湯梨浜
山陰の日本海岸に位置し、東郷湖、東郷温泉、緑豊かな山々。 その山々には、鳥取県を代表する、20世紀梨を栽培しています。なかでも湯梨浜町の特産20世紀梨は生産量も多く、甘みと酸味バランスが素晴らしい梨が栽培されています。

湯梨浜はこんな町
平成の大合併によって、鳥取県中部中核町村だった、羽合町、泊村、東郷町は平成16年10月に合併を迎えました。 新町名は「湯梨浜(ゆりはま)」。人口18,000人の町です。

湯梨浜という名前は、「東郷湖から湧き出る温泉、大地がはぐくむ二十世紀梨、そして日本海に広がる白い砂浜」という新しい町の特色をイメージして名づけたものです。